« 気になってしまう性格(たち)なのです。。。 | トップページ | あー、やっぱり、、、の清武解任。。。 »

2011年11月20日 (日)

Free Paperの意見の対立

前にもお話しましたが、ワシントンDCの近郊には、EXPRESSというワシントン・ポスト系の無料紙と、Examinerという保守系の新聞があります。Examinerはもともと有料紙だったのですが、無料化して朝から駅で配り出したというのが、歴史のようです。

ワシントンDC近郊は、DCも、メリーランドもヴァージニア州の北部も、リベラル(民主党支持)な空気が流れているので、リベラル色の強いワシントン・ポスト紙系のEXPRESSの方が部数が出ているようです。

毎朝、ワシントンDCを目指して出勤して行く人々に、兎も角与えられた部数を配りきろう!ということだけを考えているメキシコ系の配布人も、EXPRESS紙は2人。Examinerは1人。ということで、EXPRESSの方が人気があります。

私は、別に、見てくれが似ているメキシコ系の人が頑張っているので、応援しているわけではないのですが、必ず両方を貰って電車に乗ります。

今週NYに出発した水曜日の朝刊2紙は、Occupay Wall Streetの運動家達を「Evict(追い出し)」した各地の市長の判断に対して、これほど明確に意見が別れていると面白いですね。

保守系のExaminerは、要約すると「もう、2ヶ月も自己主張したのだから良いだろう」という主張。「いい加減にしろよ、迷惑だよ!」と言わんばかりです。一方、EXPRESSに関しては、事実を冷静に伝える一方、運動の将来を心配する内容。各地の運動の様子を伝える内容。「確かに衛生と保安も必要だが、運動家の言論の自由を保証することも大事だ」と結んでいます。

どうなるのかOWS運動?みんなが温かい目で見ている時期は過ぎたようです。

|

« 気になってしまう性格(たち)なのです。。。 | トップページ | あー、やっぱり、、、の清武解任。。。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気になってしまう性格(たち)なのです。。。 | トップページ | あー、やっぱり、、、の清武解任。。。 »