« サメに平和を! | トップページ | 感謝祭は、正月だ! »

2011年11月22日 (火)

幸せな国ブータン?!。。。不幸せな国は、、、、

「幸せを考えよう!60%の森林を残そう!と憲法が謳う国」
「信号のない国、ブータン」
「全員が民族衣装(ゴ:男性、キラ:女性)で過ごす。公式の場では必ず。休日は私服でOK!」
「共通語は英語だけど、ゾンカ語(民族の言葉)も話せることが国民全員に求められる」
「人口70万人のうち、97%が幸せって答える国」
「1980年代に、10万人の棄民した。自国に要らない人間が出ていくことを促した。ネパール系、チベット系のブータン人が、特に定住期間が短かったブータン人が国を追われた。」
「我々の文化を受け容れない人は要らない」
「世界初の禁煙国家。国内でタバコを販売していない(持ち込めるものの関税が200%)」
「旅行するには一人250ドルを毎日使うことを求められる」
「なんでも辛い、(世界で一番辛い!?)ブータン料理。辛いのがダメな人は住めない。」
「日本料理店は首都にもない」
「日本人は120-30名が滞在している。JICA(国際協力機構)の方が、青年海外協力隊を含めて、53名。」
「日本の農業指導者、西岡京治:ブータン農業の父と呼ばれる、に最高の栄誉、ダショーを与えて、日本人に特別な親愛の情を持っている。」
「女の人は、みんなペマ王妃のように綺麗?」
「JICAの現地事務所の所長の弁。素晴らしい国、2年半経っても日本に帰りたいと思わない。どこに行っても、いい気持ちになる国!」
「鎖国?いえいえ、観光も重要な産業です。インターネットも、テレビも、今では、なんでもある。」
「代々木上原に日本で唯一のブータン料理がある。」
「教育費も医療費も無料。重病人は国費でタイに搬送していた。でも、近代西洋医学の病院は最近初めて出来た。。。これまではずっと東洋医学だったのか?」
「首都は、インターネットや世界の情報の流入で変わりつつある。」
「貧富の差は明確にある。都市部と田舎。」
「軍隊は小さいけどある。」
「GNH(国民総幸福度数)は、幸せを考えること、自分にとっての幸せは何かを考えること、次に何をするかは、一人でも多くの方が幸せになるように考えること、は、ティンレー首相の弁。」

夢のような国ですね。何をしたら、国民がシアワセになれるのかを必死で考えている国なのですね。。。

翻って、省益だけを考える官僚が跋扈する日本。政治家も国民の利益などそっちのけで、権力を握ることに血道をあげてばかり。首相になっても1年と続かず、なれたことで満足する。。。。出るのはタメ息ばかりです。

あっ、それから、ブータンの憲法で、国王の定年は65歳と決まっています。この規定は、我が国にも導入したいですね。国会議員の65歳定年を導入しましょう!

|

« サメに平和を! | トップページ | 感謝祭は、正月だ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

日本の不幸の原因は「我欲」にあると感じます。自分の我欲のみを軸にする結果、定年を迎えても会社を辞めずに居座って若者に道を譲らず、生きるためにはやむを得ずとして粉飾や違法行為をも見過ごし、自分さえ年金がもらえれば後の世代などどうでもよく、国民年金が破たんに瀕しても公務員共済は守り、補助金のためには安全を無視してでも原発稼動をOKし、生きるためには安全に目をつぶったまま、東北支援という美名に乗って国民の胃袋を最終処分場にする生産者等。我欲に支配されて倫理観を失い、さらに思考停止が不幸を生む原因であろうけれども、それすらも感じられないほど平和ぼけし、改める気概を失っていることもさらなる原因ではないかと思います。

投稿: Tomo | 2011年11月23日 (水) 09時03分

そうなんですよね。石原慎太郎は大体において嫌いですけど、「我欲」に関してはいいえていますよね。

しかし、反面、「我欲」が資本主義の推進力だとは思いませんか?これがなくなると、小さな幸せをひたすら探す国と国民ばかりになる。。。

もちろん、倫理観を喪失してよいとは僕自身も思いませんが。。。

バランスは難しいですね。

投稿: travellinglawyer | 2011年11月23日 (水) 15時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サメに平和を! | トップページ | 感謝祭は、正月だ! »