« ボジョレーヌーボーinアメリカ | トップページ | OWS(Occupay Wall Street)に大きな変化が出ました! »

2011年11月16日 (水)

これってコンプライアンスの問題ですか???

野球に全く興味のない方には申し訳ありません。「巨人、大鵬、卵焼き」の世代の一番下の方に引っ掛かっている私は、未だに「巨人」が気になります。もはや好きでも嫌いでもないのですが、「巨人」が強かった時代は、何か「平和だったなぁ~」という、そんな気持ちがあるからです。

その巨人軍のジェネラル・マネージャー(GM)である、清武さんが泣いて会見をして、読売新聞の主筆、社主、巨人軍の自質的なオーナーである、「ナベツネ」こと渡辺恒雄氏を痛烈に批判をしたことは、「よくぞ言った!」と面白がってばかりではいけないのですね、、、逆に「清武さん、大丈夫か?」「身に危険が及ばなければ良いけど」とつい心配をしてしまいます。何しろ、相手は、妖怪ナベツネですから。。。

しかしながら、清武さんの「声明」文にある、この問題は「コンプライアンスの問題です」と高らかに宣言することや、大王製紙やオリンパスと同一視?することには、大きな疑問を感じざるを得ません。

会長という肩書きですが、実質的なオーナーであるナベツネには、どうにでも出来るという強力な権限があります。これは、オーナー(ナベツネ)、球団社長の桃井さん、GMの清武さん、原監督という縦の一線の半分より下にいる清武さんにとって、どうすることもできないことなのです、本来は。。。オーナーが何を決めようが、、、オーナーの勝手。オーナーが決めたことなのですから、反対も批判もないのです。内部統制上の問題かもしれません。それくらい、洗練された組織であればの話ですが、、、。全く、そのようには思えませんが、、、。

今回、痛快と感じさせるのは、中間管理職の清武さんが、数百人の記者(自社、読売の記者も、報知の記者もいたでしょう)を前に、声明文を読み上げて、大御所「ナベツネ」を公衆の面前で批判したからでしょう。御家騒動が表面化して、部長が会長を批判して、「さあ、どんなことが起きるか?これは見ものだね!」が世の中の大多数の方々の思いではないでしょうか?誰も、「重大なコンプライアンスの問題!」だとは、思っていないのです。清武さんには、残念ですが、、。

しぶといナベツネが来シーズン末も「オーナーで居たら」そして、「巨人がリーグ優勝できなかったら。。。」。。。詰腹を切らされるのは、清武さんだろうなぁ~とおもうのは、私だけでしょうか。。。?

|

« ボジョレーヌーボーinアメリカ | トップページ | OWS(Occupay Wall Street)に大きな変化が出ました! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「コンプライアンス」の問題と「ガバナンス」の問題があまり整理されていない印象です。実際、巨人軍は親会社を含め非上場企業ですし、彼らと実際に仕事をした際の印象では、あまり成熟した組織の人たちとの印象は持ちませんでした。今回の件もやっぱりな、という印象でした。それに対して、ナベツネさんの方が会社の仕組みや立ち位置を分かっている印象で、今後の展開は注目したいです。ただ、ナベツネさんはいい加減に引退をすべき年齢でもあります。そして、会社の代表者が誰なのか、ナベツネか、球団代表か、オーナーか外から見て非常にわかりにくいですね。公的企業として望ましいあり方ではないことは確かです。会社法上の論点としては、親会社と子会社の代表権と人事的介入権の競合といった面白い法的論点もありそうですね。訴訟になったときには注目したいと思います。

投稿: Tomo | 2011年11月21日 (月) 09時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボジョレーヌーボーinアメリカ | トップページ | OWS(Occupay Wall Street)に大きな変化が出ました! »