« 気恥ずかしかったのですが、、、、インタビューを受けました。。。 | トップページ | 金総書記の死亡、その2。 »

2011年12月18日 (日)

金正日の死。。。体制の移譲は完了していたか?

伝えられるところを総合すると、総書記の死は、丸二日伏せられ、17日の朝に脳卒中でなくなっていたにもかかわらず、19日の正午すぎのNewsで放送されたようですね。

正恩氏への権力の移譲最中であったのですが、総書記の体調は3年前くらいに比べて、随分回復していた様子伝わっていましたので、これは、寝耳に水の驚きですね。

早速発表された葬儀委員の名簿では、正恩氏が最初に名前が上がっていたようですので、現在No.3で、No.1の総書記が亡くなって、No.2が居るのですが、これを飛び越えて、権力の座に付くことになるのでしょう。

着々と実績を積み上げていたというのは事実ですが、28歳という若さで、総書記が務まるのか?国内のズタズタになった経済、国民生活に国民の不満が鬱積して、先日も、軍人までもが中国へ「脱北」を図る事態になっている北朝鮮。。。

正日氏の脳卒中・心筋梗塞(?)による氏がもたらした「北東アジアの不安定」は、ウォン、円、中国元売りを誘うことになるのではないでしょうか?有事のドルで、円安になりやすい環境になると予想されます。

次の焦点は、正恩氏が、どのような形で国民の前に姿を現すか?これに注目が集まると思います。軍部の全員がバックについて正恩氏を支える姿勢を見せるかどうか?に、注目が集まりますね。

|

« 気恥ずかしかったのですが、、、、インタビューを受けました。。。 | トップページ | 金総書記の死亡、その2。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気恥ずかしかったのですが、、、、インタビューを受けました。。。 | トップページ | 金総書記の死亡、その2。 »