« アイオワ党員集会-本当の勝者は誰?! | トップページ | 20万人の新規雇用と8.5%の失業率と共和党の分裂!? »

2012年1月 7日 (土)

最初の予備選挙まで、あと3日!

ミッシェル・バックマンが正式にレースから離脱しました。地元である中西部にあるアイオワで徹底的に力をつぎ込んで、昨年6月から200回もアイオワ入りしたのにも関わらず、5%の支持では、選挙資金も新たに流入してくる可能性は低く、先細りになるのは目に見えています。ロムニーのランニングメイト(副大統領候補)になる可能性はあるかもしれませんし、今回はこれに賭けるというのが作戦かもですね。前回のペイリンさんよりもずーっと頭がよさそう。。。まあ、少しかなぁ~、、、とにかくまし、、、ということで、バリバリの保守であるということも、中道過ぎる帰来のあるロムニー氏とのバランス効果を狙いには、持ってこいかもしれません。

前回の共和党候補、マケイン上院議員が、ロムニー支持を表明しました。ロムニー氏にはプラスでしょう、多分、、、。しかしながら、マケインもずるいのは、次のニューハンプシャーというロムニーの地盤と言ってよい州で、圧勝が予想されるタイミングで、支持を発表すると、支持したのに負けるという事態を確実に避けられるという読みを織り込んでいるのです。今発表して、サントラム候補に噛みついて見せるくらいなら、なぜ、アイオワの前ではなかったのか?政治的な読み、勝ち馬に乗ろうという気質が、そのまま出ていますね。この動きには。。。

ニューハンプシャーに最後の逆転の望みをつないでいるのが、ジョン・ハンツマン候補です。昨年6月からの累計で154回ニューハンプシャーに入り、州内の大きな町(大都市と呼べる都市がない州なので)のみならず、人口数千人の町や村まで足を運んで、どぶ板選挙を繰り広げてきたのです。この州の結果を見るまでは、、、やめられない!という思いが彼にはあるはずです。小さな州とは言っても、私が住んでいた12年前までは人口が100万人以下、生まれ故郷の世田谷区と比べて、「世田谷区と同じくらいの人口で、面積が400倍ある」という話をしていたのですが、世田谷区の人口が飽和して伸びない中、このニューハンプシャー州は、州の所得税・消費税がないなどの住みやすい環境で、ボストンから移住してきた人が増えて、2010年の調査では130万人を超えているというのです。私の元上司の弁護士も、この州に引退後住んでいます。ロムニー有利であることは間違いないのですが、サントラムとロムニーに次いで一角を崩すことがハンツマンが出来れば、、、その後に望みをつなぐことが出来るでしょう。逆に、ロムニー、サントラム、ポールの上位3人の顔ぶれが変わらないと、他の候補はドロップするしかないかもしれません。

アイオワで10%と低調だったリック・ペリーはニューハンプシャーを実質的にあきらめて、次の戦いの地、South Carolinaに先回りしているようです。アイオワでは相当散財したそうで、候補者の中で一番TVCMを打ったそうですが、その結果が上位3人にかなり離されての5位では、まあ、ニューハンプシャーは良いとしても、サウス・キャロライナでは真価を問われますね。そこが彼の終着点かも知れません。

アイオワで4位に沈んだギングリッジは、3月上旬に予定されているバージニア州の予備選挙の投票用紙に、5位に終わったペリー候補とともに、名前が載らない。。。という非常事態になっています。

予備選挙は投票マシーンを使い、候補者の名前が投票用紙にあらかじめ印刷されている中から選んで、パンチして投票するのが方式です。投票用紙に名前が載らない。。。という大失態になってしまったのは、登録有権者の1万人の署名がないと(もちろん、バージニア州在住の人たちです)、候補者として登録されないというバージニア州のルールを、候補者の事務局が見落としか、軽視か、、、していたためで、最初は、「まあ、そういわないで。。。」と言っていた二人も、バージニアの知事が「そっちが悪い!」と無視すると、「憲法違反!選挙される権利を侵害された!」と連邦裁判所に2候補が訴え出る始末に。。。ほかの候補はちゃんとルールを守っているので、、、「潔さがないなあ~!」という印象になるかもしれませんが、バージニア州の大きさを考えると、やっぱりかわいそうと思ってしまいます。もともと、1万人署名がなんで必要か?が、はっきりしませんよね!

ともかく、次のイベントで、かつ、最初の予備選挙は、来週火曜日10かです。日本時間の11日お昼前には結果が分かってくると思います。

|

« アイオワ党員集会-本当の勝者は誰?! | トップページ | 20万人の新規雇用と8.5%の失業率と共和党の分裂!? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アイオワ党員集会-本当の勝者は誰?! | トップページ | 20万人の新規雇用と8.5%の失業率と共和党の分裂!? »