« たまには弁護士らしい記事を書かなくては、、、、と思いまして。。。今日は、Beauty Bias Lawのお話を。。。 | トップページ | 伝授しましょう!アムトラック出張の極意! »

2012年1月25日 (水)

オバマ演説の評判。。。は?

現職の大統領にとって、対抗する政党、今回の場合、共和党ですが、今年の11月に控えた大統領選挙への共和党候補指名争いを激しく繰り広げている中では、「政見の表明の機会であり、議会へのメッセージを発信する機会である、一般教書演説」は、どうしても霞んでしまいます。これが、3回目の一般教書演説の宿命です。

それが予想されたので、わざわざ国民向けのメッセージを発信して、ニュースメディアを通じて、「明日の一般教書演説ではこんな話をしますので!是非聞いてください!」という前代未聞(多分)の前宣伝を行なったオバマさんでした。

私はいつもの通りの演説だったと思ってみていたのですが、新聞の評価は、拍手の量が少ない、退屈して寝ている人もいた。。。と、冷たい感じです。ねじれ議会で思ったとおりに動かないので、最近、発信を続けているオバマさんに対して、共和党の主要なメンバーは、結構フロリダでの指名争いの予備選挙戦にせいを出して、フロリダに貼りついたまま戻らず、下院議員(共和党が過半数を占める)のなかには、テレビに映る絶好の機会とばかりに、オバマさんが議場に入場してくる横の席を、朝の8時半から取っていた(場所取りしていた)人もいたそうで、共和党議員も恥も外聞もなく、オバマ支持者のような顔をして、握手を求めていると、ABCのレポーターに揶揄されていました。一回生議員の考えることは、日本もアメリカも変わらないということなのでしょうか?

全米のネットワーク局、ABC、NBC、CBS、FOXのみならず、CNNや他の数局も通常の放送を休止して、大統領の議会での演説を放送する。。。

四六時中国会にいて、有り難味も何にもない、ドジョウ総理の、演説は、NHKが放送しますが、見ている人はわずかでしょう。夜9時というGoldenTimeにわざわざやるということもありませんし、「ヤジばっかりで興ざめ。。。」「なんでこんな奴らのために税金使っているのか?」と思いたくなる日本の施政方針演説とは、段違いに良い雰囲気を持っているのが、一般教書演説(State of the Union)なのです。

オバマさんが、議場に入場してくる際に、最後に固い抱擁をした女性、、、奥さんのミッシェルさんではなく、本日付で下院議員の職を辞することを22日に発表していた、Gabby Gifford議員でした。

1年前の1月8日、私もかつて住んでいた、アリゾナ州ツーソンの集会。この時期の野外が一番気持ちの良いのがアリゾナです。この集会も野外でした。ここで、何者かに暗殺されそうになって、頭に銃弾を受けたのです。見事な回復を果たし、昨日の一般教書演説で議場に復帰し、今日、職責の重さを理由に、惜しまれつつ、下院議員を辞めました。

こんなドラマが、二人の固い抱擁の裏にはありました。

|

« たまには弁護士らしい記事を書かなくては、、、、と思いまして。。。今日は、Beauty Bias Lawのお話を。。。 | トップページ | 伝授しましょう!アムトラック出張の極意! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たまには弁護士らしい記事を書かなくては、、、、と思いまして。。。今日は、Beauty Bias Lawのお話を。。。 | トップページ | 伝授しましょう!アムトラック出張の極意! »