« オハイオの高校での銃撃事件 | トップページ | ロムニー再浮上?アリゾナとミシガンでの勝利! »

2012年2月28日 (火)

東海岸の武器庫---Virginia州

ワシントンDCを挟んで、Maryland州とVirginia州は、いろいろな意味で対照的な州です。

メリーランド州は自由主義、リベラルな州で、近々、同性結婚を合法化する法案が通りそうです。

一方のヴァージニア州は、保守的で、コンサバを地で行く州であります。

昨日、オハイオで5人が撃たれる事件があった翌日、このヴァージニア州では、19年間有効であった、「19歳以上の大人が買える拳銃は、1か月に1丁に制限する法律」を、ご丁寧にも2007年に韓国系アメリカ人の学生が乱射事件を起こしたVirginia Tech(ヴァージニア工科大学)の被害者の家族に面談したそのあとで、この法律を廃止する法律に州知事がサインしたのです。

ライフルとかショットガンをカバーしないこの法律がどれほどの意味があったかは測り兼ねる部分もありますが、1993年に、当時の民主党知事時代に成立したこの法律。その背景には、1990年前後で起きたNY州での銃による殺人・発砲事件のかなりの部分が銃を手に入れやすいVirginia州から流入したものであったという調査結果を受けて、当時の民主党知事が、東海岸の武器庫と化していたVirginia州の汚名を返上しようと制定した法律でした。

現在の共和党系の知事にとっては、積年の目の上のたんこぶだったわけです。第一に民主党系の知事が作った法律であることが気に入らず、大嫌いなNY州の為に作ったこともさらに気に入らないわけだったのです。

よりによって、翻意を期待して、知事に面会を求めた、ヴァージニア工科大銃撃事件の被害者の遺族に面談した直後、さらに、オハイオでハンドガンによる銃撃事件が起きた翌日、、、、に、署名して法律を成立させる。。。。

良い死に方、しないのでは、この知事。。。。と、心配してしまうのは私だけでしょうか?

|

« オハイオの高校での銃撃事件 | トップページ | ロムニー再浮上?アリゾナとミシガンでの勝利! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オハイオの高校での銃撃事件 | トップページ | ロムニー再浮上?アリゾナとミシガンでの勝利! »