« 神様、、、スミマセン。。。私は、、今日、勤務時間中に、、、さぼって、、、映画を観てしまいました。「だって、映画があまりにおいしそうだったので。。。」 | トップページ | 640millions協奏曲 »

2012年3月29日 (木)

共和党の大統領候補者選びは?どうなったのか?

4月は、私が住んでいるメリーランド州、ワシントンDC、ウィスコンシン州が3日に、ニューヨーク、ペンシルべニアなどの北東部の5州(前述の2州に加えてコネチカット、ロードアイランド、デラウェアの各州)が24日に予備選挙を実施します。合計で329の代議員の行方が決まるはずなのですが、、、「勝者総取り方式」から「複雑な計算式による比例配分方式」に変更された州が非常に多くなった今年の大統領候補者選び、これまでの集計で、ロムニーが568人の代議員を獲得したことになっているのですが、、、、1187名の代議員の行方が決まったはずなのですが、ロムニーもこの半数を得ておらず、サントラム(261とか273とかと推計されています)と、ギングリッジ(137とか135と推計)、そしてポール(71か50と推計。推計値は、それぞれ、CNNとWall Street Journalの発表値。)という保守陣営の3名を合計しても、469から458とロムニーに届かない、、、そして、獲得したと推計されている代議員を合計しても、これまでに行方が決まったはずの1187名の代議員に150-160不足しているのです。。。。

残りの1099の代議員も、ロムニーが同じような比率で抑えると仮定しても、すべての予備選挙が終わっても明確な勝利宣言が出せない、まさに、共和党大会ですべてが決まるという珍しい展開が予想されます。

共和党の各候補は、予備選挙の全日程をフルに戦い、体力的にも金銭的にも疲弊した状態で、11月の本選挙へ向けた選挙戦に入る。迎える現職オバマ陣営は、潤沢な選挙資金と、体力を温存してきた選対、そして、上向きつつある経済、、、石油価格さえ、安定化させれば、11月の再選は固いのではないでしょうか?

共和党は、スーパーPACで潤沢に集まる選挙資金を、あちこちの州に潤わすためにとった今年のような、1月から6末までという長丁場で、かつ、明確な勝者が決まりにくい予備選挙の仕組みを変える必要に迫られるでしょう。。。もし、候補者がオバマに負けたらですが、、、。

無風状態の、4月前・中盤の選挙戦。24日のニューヨークを含む5州から、最終ストレッチに入ってきて、2か月の間に1000の代議員の行方が決まります。ひょっとすると、保守合同で、サントラムの逆転があるかもしれません。

来週、全米各地の小中高校はスプリング・ブレークです。選挙戦もしばしの、春休みの様相と言えます。

|

« 神様、、、スミマセン。。。私は、、今日、勤務時間中に、、、さぼって、、、映画を観てしまいました。「だって、映画があまりにおいしそうだったので。。。」 | トップページ | 640millions協奏曲 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神様、、、スミマセン。。。私は、、今日、勤務時間中に、、、さぼって、、、映画を観てしまいました。「だって、映画があまりにおいしそうだったので。。。」 | トップページ | 640millions協奏曲 »