« 独立候補って?--アメリカの政党 | トップページ | 我が家の庭にも春が来た!ツツジが、ネギの花、パンジーがきれいに咲きました。 »

2012年4月26日 (木)

小沢裁判!

判決は予想されていましたが、裁判官も、結構踏み込んで「灰色」の認定をいっぱいしていて、結構面白い判決でした。

大善裁判長は、

「本件4億円が計上されず、りそな4億円のみが計上され記載されたことは、虚偽の記入に当たるといわなければならない」

「4億円もの巨額の貸し付けを受けて債務者となる経済的負担を求めるのであるから、取引の概要程度は、被告人に理解してもらうことは当然」

「被告人が、収支報告書の作成や提出を担当の秘書に任せきりにし、全く把握していないことや、収支報告書の記載に責任を負うべき会計責任者の役割などについても理解を欠いていることをうかがわせる供述をしていることも、政治資金規正法の精神に照らして、芳しいことではない」

と、厳しい指摘を繰り返しているのですが、無罪とした理由について

「(4億円の簿外処理や取得した土地の公表の先送りなどについて)認識していなかった可能性がある」

「これらの認識は、共謀共同正犯としての故意責任を問う上で必要なものであるから、被告人に対し、法的に刑事責任を問うことはできないといわなければならない」

「本件公訴事実のうち、被告人の故意及び、実行犯(元秘書ら)との間に共謀については証明が十分ではなく、犯罪の証明がないことに帰着するから無罪の言い渡しをする」

と、結んでいます。

石川などの秘書の調書が証拠採用されなかったことで、結論は予想されていましたが、途中、弘中弁護士など小沢の最強弁護士団が苦渋の表情を浮かべる(た、であろう)ような事実認定があり、無罪ではありますが、一応の成果を生んだ裁判だったのではないでしょうか?

小沢のキャリアの最後を飾るにふさわしい裁判劇でした。

控訴?!

もう、止めてください!

無駄でしょう!

|

« 独立候補って?--アメリカの政党 | トップページ | 我が家の庭にも春が来た!ツツジが、ネギの花、パンジーがきれいに咲きました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 独立候補って?--アメリカの政党 | トップページ | 我が家の庭にも春が来た!ツツジが、ネギの花、パンジーがきれいに咲きました。 »