« 小沢裁判、第二幕へ! | トップページ | 従軍慰安婦問題、慰安所の経営者は? »

2012年5月13日 (日)

アメリカでは5月5日はこどもの日ではないですが。。。

GW中は、日本に行くことがありません。もちろん、明らかな理由からです。日本の皆様の多くがお休みを取られているということからです。もう、彼これ、20年近く、こどもの日に日本にいたことがありません。

それはそうと、偶然の産物ですが、5月5日のこどもの日に、アメリカの西海岸のイチローが住んでいるワシントン州シアトル(Seattle)のこども病院で、その癌病棟の子供たちとスタッフが、アメリカの人気歌手、ケリー・クラークソン(Kelly Clarkson)の「Stronger」という曲に合わせて、歌い踊る姿をビデオに撮っていました。

その歌詞の「“What doesn’t kill you makes you stronger…”(あなたを殺せないものはあなたを強くする!)」というメッセージ、自分たちが「Fighter(闘う者)」であり、「Hope(希望)」を持っていると歌って踊っている姿に感動の輪が広がっています。

http://pulse.seattlechildrens.org/cancer-patients-sing-their-strength-in-stronger-music-video-3/

抗がん剤治療で頭髪が抜けて坊主頭になっているのが患者の子供たち、IDバッジを腰とか胸につけているのがスタッフたちのようです。見てお分かりのように、アメリカの病院では、白衣や看護師の制服を着ていないことが多いのです。

自分の歌で白血病の若者を勇気づけることになり、若者(22歳の白血病患者)の発案でビデオを作ることになったKelly Clarksonは、ABCテレビの取材を受けて、

http://abcnews.go.com/blogs/health/2012/05/10/cancer-patients-stronger-video-makes-kelly-clarkson-emotional/

「とっても感動した。早く会いに行きたい!」と発言しています。

アメリカの5月5日に、Seattleで起きていたことが、YouTubeで話題になっているというお話でした!

|

« 小沢裁判、第二幕へ! | トップページ | 従軍慰安婦問題、慰安所の経営者は? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小沢裁判、第二幕へ! | トップページ | 従軍慰安婦問題、慰安所の経営者は? »