« 今度日本に帰ったら。。。 | トップページ | ロンドン五輪が開幕しました! »

2012年7月21日 (土)

ルーピー登場!いじめの問題。マスゴミ問題。鉛カバー問題。

金曜日の反原発デモには、ルーピー鳩山元首相まで登場して、再稼働反対をお唱えになったそうで。。。

ご自身が首相時代には、原発の大増設を唱えていたのに。。。。

「君子は豹変す」はいいのですが、「ルーピーはまず反省して」、自身の無知・無策を謝ってから、現政権を批判して欲しいものです。

大津のいじめの問題は、「あれほどひどいのは。。。」と特殊化して語られ始めていることに危惧を覚えます。イジめっ子ではなかった私ですが、特に止めなかったというのも事実です。喧嘩っぱやくて、ガリ勉が多い学校でしたので、いじめっ子にもいじめられっ子にも等距離に付き合うという姿勢で小学校から高校までを過ごしていました。ですから、いじめられっ子の気持ちも、いじめっ子の「なぜいじめるか」の気持ちも実はよくわからないのです。若い時はテニスばかりしていて、タバコ吸う暇も、万引きする暇も、いじめっ子とつるんでいる暇も、ゲーセン・パチンコ・麻雀に行っている暇も、何にもなかったのが、不幸中の幸いでした。勉強している暇もなかったのは、まあ、困ったことでしたが。。。

いじめている子が、全くいじめているという自覚がないという事例。「1分マッチ」の殴り合いを「遊びだ」という子供たち。減点主義の教育現場で、ことなかれ、隠蔽主義に走る教師たち。30年以上前の我々の時代にもいじめはありました。しかし、大阪の首吊り自殺の18歳、大津の飛び降り自殺、、、全貌が明らかになるに従って、自分たちが目撃したいじめより「ずっと陰湿だな」という印象は拭えません。

日本のマスコミのあり方には非常に深い不信感を持っています。記者クラブに張り付いて政府の情報操作の片棒を担ぎ、広告主やスポンサーの顔色ばかりを伺うマスコミ。反原発・反再稼働デモが首相官邸を取り囲もうが、数万人規模になろうが、一向に報じないマスコミ。誰かが口火を切ると一斉に伝え出す節操のなさ。署名記事は増えてきましたが、記者のメールアドレスを載せている新聞はない。本当の意味のジャーナリストは日本には居ないのでしょうね。かつても、そして、このままでは今後も育たないのではないでしょうか?ちなみに日本人でピューリッツァー賞を受賞したのは3人だけ。1960年代に3人の写真家が受賞しただけです。言葉の壁という問題ではなく、以下に、どうでも良い記事ばかり書いているのが日本の新聞であるということなのです。

昨日、朝日がすっぱ抜いた「鉛カバー問題」もヌルヌルの記事でがっかりです。東電の社員が率先して自らが引き起こした事故の収束に立ち向かわず、危険な作業は下請けの下請けにやらせてばかりいる体質が問題なのではないですか?放水で危機を救った東京消防庁のレスキュー部隊に、東電の社長は、きちんと謝意を述べたのだろうか?中部電力のバカ課長のように「原発で死んだ人はいない」発言が出てくるとは、、、下請けの社員にむちゃくちゃ危険な現場で仕事させるくらいなら、東電社員や中部電力や九電で「原発で死んだ人はいない」とうそぶいている人間全員を福島第一に集めて、作業させるべきではないか?

東電に取材して、「東京エネシスの報告をまって対応する」と記事を結んでいる青木記者と佐藤記者。。。とほほもここまで来ると情けない。役員の指示の録音を聞かせて、その反応くらい取って来て、聞いたか聞かなかったのか、聞くことを拒否したのか、、、このことは東電の現場で起こっていることで、下請けだろうが孫請けだろうが、きちんと放射線管理をしていない東電の丸投げ体質、自分自身の問題として対応していない体質を追求するのが仕事ではないですか?

テレビもつまらない。本当の報道は、ラジオでしかできなくなっている。コマーシャルがほとんどない、裏返せば、広告主がほとんどいなくて、歯に衣着せね発言ができるのは、もはや、ラジオだけでしょう。TBSのDIGをほぼ毎日聞いています。月金の10時から2時間。アメリカではInternetの生放送もありますが、途切れ途切れになるので、毎日、午後にPodCastで聞いています。

書きたいことが溜まっていましたが、なかなか、1時間が取れませんでした。新幹線のから、、、明後日まで、日本です。

|

« 今度日本に帰ったら。。。 | トップページ | ロンドン五輪が開幕しました! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今度日本に帰ったら。。。 | トップページ | ロンドン五輪が開幕しました! »