« 小沢一郎への期待 | トップページ | 今度日本に帰ったら。。。 »

2012年7月 8日 (日)

Wimbledonが終わりました!テニスの夏は続きます!

試合開始前に記念撮影をするのですが、普段は仲の良いアンディとロジャーの二人も、今日はがっつりと四つに組んでの戦いです。4分の3世紀ぶり、フレッド・ペリー以来のイギリス人チャンピオンの誕生をアンディ・マレーに期待する英国民と、ワールドナンバーワンへの復活と最多優勝7回に並ぶ期待が掛かる、全世界のロジャーファンの期待が掛かるロジャー・フェデラーの世紀の一戦となりました。

最初にセットを取ったのはアンディでしたが、緊迫した第2セットを、最後は見事なドロップ気味にコントロールしたバックボレーで決めて、制したロジャー。第3セットの初めに降り出した雨で水が入り、屋根が閉まったあとは、正確性がぐんと高まったロジャーがアンディを圧倒した試合となりました。

平均で5マイル、8キロもサーブのスピードが上がり、ミスもぐんと減ったロジャーに死角を見つけることができないまま、ジリ貧のアンディ。応援団、会場と会場前の緩やかなスロープ、通称ヘンマンヒルと言いますが、そこで大スクリーンを見ながら応援する数千人の観衆。第二コートに陣取って、それほど大きくないですがスクリーンを見ながら応援する2000人ほどの観衆。多分、合計して2万人以上居た観客の8割は、76年ぶり(?)の英国人(アンディはイングリッシュではなくスコティッシュですが。便宜上、英国人ということで)のWimbledonチャンピオンの誕生を祈っていたのではないでしょうか?本当に多くの人が詰めかけました。最終日には、センタコート以外ではプロの試合をしないわけですので、通常そんなに人が入りません。センターコートの収容人数と同様かそれ以上の人々がアンディが英国人としてWimbledonチャンピオンになる瞬間を目撃したいと考えていたのでしょう。

多くの人の願いも虚しく、試合はセットカウント3-1でロジャーが勝ちましたが、アンディは、数年のうちに、グランドスラムと呼ばれる4大大会のどれかは勝つでしょうし、彼を後押しする応援団の数を考えれば、来年・再来年あたりのWimbledonには、チャンスが巡ってくるのではないでしょうか?

さて、いつもの年ならば、このあと全米オープンまで時間が空いてしまうのですが、今年はロンドン五輪です。テニスも開幕と同時に始まるのではなかったでしたか?競技者の数は半分ですが、Wimbledonが今年は二度おいしい年になります。

五輪ではあくまでも個人競技ではありますが、国対抗という五輪の特性で、代表者の平等を考え、スペイン・ロシアなどのテニス強国から出られる選手数が制限されますので、日本人選手の上位進出の可能性が上がります。日本人選手の活躍に期待したいですね。


6


|

« 小沢一郎への期待 | トップページ | 今度日本に帰ったら。。。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小沢一郎への期待 | トップページ | 今度日本に帰ったら。。。 »