« 悲しい大統領。。。 | トップページ | アメリカ大統領選。 »

2012年8月25日 (土)

ここのところ見るテレビがありません。でした。。。

オリンピックの期間中は、家に居ればまずオリンピックの放送が、NBC系列の5から7くらいのチャンネルで放送していましたので、番組表をまずテレビ画面に出して、何かをつける。。。そして、家の中でどこからも聞こえる程度のボリューム(小さな家が幸いしています!)で、つけっぱなしにして、仕事部屋から何か歓声が聞こえるたびにのぞきにいくという生活でした。

オリンピックが、例の音楽祭のような閉会式で終わった途端。。。。テレビで面白いものが一つもないのです。。。。

久しぶりにテレビをつけると、このテレビもあのテレビも全部NBCにチャンネルがあっていて、我ながら、「もう2週間になるのにあれからテレビをつけることもしなかったんだ!」と驚きます。

毎週NYに通勤(週一度NYに行きます)する際に、必ず利用するアムトラックという長距離列車の顧客ラウンジでも、普段はCNNがついているテレビに、やっぱりオリンピックが、つまり、NBCがついていました。オリンピックが終わった先週の火曜日のワシントンDCも帰りのNYもラウンジでは、NBCがついていました。テレビのスイッチをONにする係りの人も、CNNに戻すというところまで気が回っていなかったのではないでしょうか?今週行くとCNNに変わっていました。というか、戻っていました。

久しぶりに「テレビを見なきゃ!」と私に思わせたのは、残念ながら悲しい事件でした。

この事件の現場から6ブロックのところに私のNYでの職場はあります。

そうです、NYの名所中の名所、エンパイヤーステートビルの外で起きた銃撃事件です。

これは、結局、テロとか、無差別殺人を狙ったとか、そういうことではなく、50過ぎの男性が、解雇されたことを恨んで職場の上司というか同僚というか、とにかく、仲間を公衆の面前で、それもNYの名所、エンパイヤーステートビルの目の前で銃殺したという事件でした。

街頭の監視カメラが事の一部始終を収めていて、CNNでも、「別のカメラの映像もあるのですが、それは、あまりに生々しすぎてお見せできない」と断りつつ放送した「これも生々しいがそれでも大丈夫だろう」と判断した映像も、ディレクターがあまりにも何度も何度も繰り返し流すと、キャスターのアンダーソン・クーパーが、「そんなに何度も見せなくていいでしょう」と番組のディレクターをたしなむほどでした。

監視カメラですから、音声は入っていませんが、逃げ惑うほかの通行人、数発を発した後、警官に撃たれて倒れる犯人。数時間後、犯人は死亡しました。そのほか、合計2名の死者と9名の負傷者が出たそうです。

50歳過ぎ、、、なんか身につまされますね。

|

« 悲しい大統領。。。 | トップページ | アメリカ大統領選。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 悲しい大統領。。。 | トップページ | アメリカ大統領選。 »