« オール1! | トップページ | 負けて、勝つ! »

2012年9月18日 (火)

47%を切り捨てるロムニー

アメリカは個人献金が自由にできます。会社などの団体は逆に献金が禁止です。そして、外国人からの献金も禁止です。

オバマのサイトに行くと、政策云々は全くなくて、ひたすら献金のお願いだけです。

そして、そこには、こう書かれています。

かいつまんで説明すると、献金者になるには、以下の7つに同意してくださいね。アメリカ人であること、会社の資金からではないこと、政府の仕事をしている人の懐から出ていないこと、政治資金団体からの献金ではないこと、ロビーストや外国のエージェントではないこと、16歳以下の子供ではないこと、ほかの人から預かったお金ではないこと。

最近、ロムニーは、オバマ支持者の47%の国民を、こんな風に言っています。

who are dependent upon government, who believe that they are victims, who believe the government has a responsibility to care for them, who believe that they are entitled to health care, to food, to housing, to you-name-it. That that's an entitlement. And the government should give it to them. And they will vote for this president no matter what...These are people who pay no income tax ...

政府に頼って、何でも政府の責任だと思っている人、そういう人はどうあってもオバマに投票する人たちだ。そして、こういう人たちは税金を払っていない人たちなんだ。。。

あれっ、最後のところ、よく言えたもんだと思いませんか?数十億の収入を得ながら、ろくに税金を払っていなかった張本人からの言葉ですから、、、、。

面白いですね。政治は、そして、政治家は。。。

|

« オール1! | トップページ | 負けて、勝つ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オール1! | トップページ | 負けて、勝つ! »