« あー、困った!!! | トップページ | カジノ王Sheldon Adelsonの賭け! »

2012年9月12日 (水)

2030年代に脱原発を実現できるのか?

日経新聞の電子版が報じていました。

以下引用。

------------------------------

原発稼働ゼロ 30年代に 民主提言
廃炉時期示さず 選挙にらむ

 民主党は6日、将来の原子力発電への依存度に関する提言をまとめた。「『原発ゼロ社会』を目指す」として「2030年代に原発稼働ゼロを 可能とするよう、あらゆる政策資源を投入する」と明記した。次期衆院選をにらみ脱原発を求める世論を強く意識している。党提言を踏まえ、政府は来週にもエ ネルギー・環境戦略を策定する。

 提言は「原発を即時に止めることは現実的ではない」と指摘。(1)運転後、40年たった原発の運転制限を徹底する(2)原子力規制委員会が安全確認した原発のみ再稼働する(3)新増設は認めない――とする原則を明記した。

 30年代は稼働する原発をゼロにする時期で、努力目標の位置づけだ。全原発の廃炉や、使用済み核燃料の最終処分も含めた原発ゼロの達成時期については明示を避けた。

 民主党の前原誠司政調会長は記者会見で「原発をゼロにしたい。できれば30年代より前にした方がいい」と強調した。党は政府のエネルギー・環境戦略に反映させる考えだが、前原氏は「参考にして政府の考えをまとめてもらいたい」と述べるにとどめた。

 執行部は原発ゼロを目指すものの時期を明示しない案で落としどころを探った。菅直人前首相ら脱原発派が明示を求め、「30年代に稼働ゼロ」 で折り合った。原発の稼働がゼロになると、燃料の調達コストが高い火力発電への依存が高まり電気料金が上がる懸念がある。企業の経営や雇用に影響を与える 可能性もある。

 核燃料サイクルの全面的な見直しも打ち出した。使用済み核燃料の最終処分の専門機関として「原子力バックエンド機構(仮称)」の設立を求めた。高速増殖炉原型炉「もんじゅ」は「年限を区切った研究収束計画を策定し、実行する」とした。

 再生可能エネルギーの導入目標は「20年代の早い時期に電力の2割以上」「30年代の早い時期に4割程度」とした。原発代替として火力発電 に依存している現状を踏まえ「20年時点の温暖化ガス排出量を1990年比25%削減する」とする政府目標の再検討の必要性も指摘した。

---------------------

ドイツは90年代から自然エネルギーへの移行を真剣に考え、既に20%台の自然エネルギー依存率を達成しています。日照の少ない地域を含むドイツですので、自然エネルギーは風力の比率が高いはずですが、アメリカでも決して日照率80%以上の地域でなくても太陽光エネルギーを取り入れています。先日写真をUploadさせていただいた(?。FaceBookだったかも)NewJersy州は、ほとんどの街灯が太陽光発電によって、灯されています。小さなパネルと蓄電池、そして、どこにでも見るLEDの街頭です。これによって、maintenance(架線がどうのこうのとか、工事するときに困るとかが、ほとんどなくなって非常に便利になったそうです)が楽になりました。もう、20年近くドイツに行っていませんが、出来るだけ早くドイツの自然エネルギー事情も見に行きたいですね。。。

さあ、選挙向けの掛け声でしょうが、民主党が少なくとも「掛け声」をかけたことは、評価できます。財界の顔色を伺うばかりで、発言も、約束も、何にも出来ない自民党と比べればという低いレベルですが。。。。脱原発を発信するのは、河野太郎のみ。お父さんの洋平さんは、まさに、野党時代の総裁しか務めさせてもらえなかった、今の谷垣総裁のような存在。私の大学の同期(彼は卒業はしませんでしたが。。。アメリカに留学してしまいました)の河野太郎には、「自民党なんかに居ないで、他に行けよ!」と言いたいですね。。。。

もんじゅの廃止など、今更ということばかりが提言されていますが、これを前倒しで実現して欲しいものです。自然エネルギーは大きな新産業になり、経済の推進力になり得るのですから!

30年代は、2039年を含むわけですので、なんと、これから27年も先。よほど健康に気を付けないと、原発がなくなる日を見て死ねないので、これから、頑張って節制します!

|

« あー、困った!!! | トップページ | カジノ王Sheldon Adelsonの賭け! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あー、困った!!! | トップページ | カジノ王Sheldon Adelsonの賭け! »