« カジノ王Sheldon Adelsonの賭け! | トップページ | 中国進出のリスク。 »

2012年9月14日 (金)

お猿対決!?

自民党の総裁選挙が告示されました。民主党の代表選も同時に告示されましたが、細野が負け戦(次回総選挙)に代表として臨むことに躊躇したのでしょう、でないことで、原口、赤松などの泡沫候補との戦いで野田の事実上の勝利でしょう。

さて、自民党。現職の谷垣を下ろして、まるで、現職でただ一人党の信認を受けられずに2期目に大統領候補になれなかった米大統領、フランクリン・ピアースを思い出されて、また、政権が取れなかった時期の総裁という意味では、河野洋平氏を思い出します。

政権を自民を軸とする連合体が握った祭には、そして、谷垣さんが議員であれば、議長に推挙でもするのでしょうね。三権の長の一つである衆議院議長のポストで、納得させるというのが自民党長老たちの考えではないでしょうか?

石破対石原、IshibaとIshihara、IとI、あいあい、アイアイということで、お猿さん対決の様相を呈して居ります。そういえば石原は典型的なサル顔ですね。

石破と石原は、ともに同時期に慶應高校と大学に居ました。同じ年ですが、早生れの石破が一年先輩ということになります。「軽い」石原は、その発言の軽さと意味不明さは有名です。かんで含んでやっと吐き出すようにしゃべる石破は、なんかハギレが悪いのですが、鳥取から出てきた石破と、どこかの文豪氏の家でヌクヌクと育った石原。「尖閣に中国は攻めてきませんよ!人が住んでいないのだから」という大呆け発言をする人間が、日本の首相になっては世も末です。

父親が亡くなって、田中角栄に、「お前は父親のあとをついで政治家になれ」と言われて政治家になったという石破。それにしても、自民の5人の総裁候補の5人全員が「2世」以上の世襲政治家、、、、とは。菅と野田と世襲以外が続いていましたので、これで総選挙になって自民から首相が出ることになると、再び世襲議員の幅効かす政治になるのでしょうかね。。。

それにしても谷垣を支える幹事長の職にあった石原、谷垣総裁実現への推薦人の一人であった石原、三党合意の主人公であり消費増税を決めた張本人でありながら、約束していなかった消費増税を国民の声を無視して実現した野田首相に対する問責に賛成するというこれ以上のない自己矛盾を平気で行った幹事長である石原、、、、どう考えても出馬の正当性が石原には問われてしかるべきではないでしょうか?

石破おサルも、「うーん、大丈夫かいなぁ~」という経歴です。農家の家に生まれましたし、農政にも明るいですが、基本的には防衛オタク。バランスの悪さが目立ちます。政策はまあまあ良いのですが、、、東電に対しての大甘の姿勢、、、自民党議員の東電からの献金先のTop10に入っている他、政治資金報告書に記載しなくて良い20万円以下にパーティー券の購入額を操作するなど、結構「やっています。」最大のやっていますは、娘を東電に入れたこと。。。

ほかの3人の目は、、、、まず、ないでしょう。。。。ということで、まあ、誰がなっても、何もしないできない首相という点では、「野田」よりも悪いのではないでしょうか。。。。

今月は政治記者が大忙しですね。。。政治オタクの私も楽しみが多い9月です。

|

« カジノ王Sheldon Adelsonの賭け! | トップページ | 中国進出のリスク。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カジノ王Sheldon Adelsonの賭け! | トップページ | 中国進出のリスク。 »