« 空前の好景気に湧く!業界って? | トップページ | ハリケーン・サンディ対策完了! »

2012年10月27日 (土)

東海岸一帯にハリケーン警報発令中!

昔は必ず女性の名前がついていたハリケーン。いつの間にか、男性の名前が混じるようになったのですが、強いハリケーンは、やはり女性の名前が似合います(決して女性蔑視ではありません。むしろ、そのたくましさに尊敬の念を抱いているのです)。

今回の東海岸を襲うと言われているハリケーン・サンディ。何とも可愛らしい名前で、大好きな映画、Greaseの中で、John Travoltaが慕う女性(Olivia Newton-Johnが演じていました)の名前がSandyなのです。
ハイチで30名以上の命を奪った時は、今よりもずっと勢力が小さかったこのSandy。North Carolinaの北部から、NYあたりに上陸すると思われていまして、現在の予想風速が秒速35メートル。時速で言うと128キロ。完全無風の状態でも、時速128キロで疾走する車の屋根につかまらずに立っていられないのと同様、多分、この秒速35メートルの風が襲い掛かると、相当の混乱が予想されます。家族(家内と犬)を連れて、内陸部か台風がそれた地域に避難も考えないといけない事態かも知れません。
今日は、家の周りの期の剪定、枝がどんなに揺れても家にぶつからないようにし、デッキの軽いチェアなど、飛んで行きそうなものは車庫のしまい、避難するときに困らないようにガソリンを満タンにし、ハリケーンの影響が出そうな明日(日曜日)の夜から3日間の食事が停電状態でもできるように準備し、一体どこに上陸するのか?注視したいと思います。
しかしながら、Newsを聴きながら、電力会社の「備えてください!」のCMを聴きながら、各州の知事が緊急事態を宣言するのを聴きながらも、誰も、「どうして、大西洋に居るハリケーンが陸地に、西に、進むのか?通常、偏西風がアメリカにも吹いていますので、ハリケーンは西から東に進むのです。日本の台風の動きをお考え頂ければご理解いただけると思います。
電子版の新聞各紙を読んで今日初めて分かったのは、Greenlandから大きな高気圧がアメリカの東北部、メイン州やマサチューセッツ州付近まで勢力を広げている一方、カナダからの寒冷前線がミシガン湖付近まで下りて来ていて、ハリケーンが東の海上に抜けられないばかりか、北上も出来ない状態であることです。
日本でも今年か去年にありました、小笠原の方から、すなわち日本列島のはるか南海上から、高気圧の縁に沿って北上して、東京近郊を襲った台風がありました。
そのような動きに加えて、さらに今回のSandyちゃんに特徴的なのは、全く島などの陸地がない海上をこの4日間動いて、勢力を日に日に増強させて、高気圧に行く手を阻まれているせいかご機嫌斜めで、のろのろと北に上がっているのです。さらに高気圧が行く手を阻んでいる海域に入って、いよいよ、西へ針路を変えるという予報にほぼ間違いはなくなっているようです。
残すところ、10日になった選挙戦ですが、Sandyちゃんと遊んでいる暇なしと、各候補者もやはり西に移動して、あるいは、北(New Hampshire)に移動して、キャンペーンをしております。
こちらは、明日中にどこかへの避難を含めて考える必要は明らかにありそうです。停電が2日も3日も続かないことを祈るのみです。。。

|

« 空前の好景気に湧く!業界って? | トップページ | ハリケーン・サンディ対策完了! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 空前の好景気に湧く!業界って? | トップページ | ハリケーン・サンディ対策完了! »