« あーーーあ。選挙が終わってしまいました!今日から何をしたらよいのだろう!?そうだ!仕事しなきゃ! | トップページ | 裁判所は違憲と判断し、選挙を無効と判断できるか? »

2012年11月17日 (土)

三宅久之さん逝く、、、、また、選挙だ!あ~、面白すぎる!

オレゴン州を経由して日本に参りまして、滞在1週間。今朝がたアメリカに帰着しました。

14日の党首討論で野田首相が「やりましょう!定数削減を約束するなら今週中に解散しましょう!」と迫った時の安倍総裁の「本当ですね!、約束ですね!」とうろたえながら4回連呼した狼狽ぶりは、「党首討論は野田の勝ち!」の印象を与えました。
12月4日公示、16日投票。14の政党が乱立し、いくつかの政党が政党要件を失う、合流するなどの激変は、公示までの2週間ちょっとでこれからも起きるでしょう。維新がブラックホールのようにいろんな政党を飲み込んで大きくならない限り、維新が擁立する候補が選挙区選挙で数を稼ぐのは難しいのではないのでしょうか?自民と民主の候補者が64人と221人選出された小選挙区。この2政党以外で当選したのはたったの15人という前回の選挙の結果を考えると、自公民以外に11も政党がある状況で、小選挙区で勝ち上がっていく、第3極候補は限りなく少ないと考えるべきでしょう。
自民党は「解散に追い込んだ!」と幹部はニコニコ顔で、安倍総裁はすっかり首相気取りで組閣名簿(?)が流出したりと、相変わらずのボンボンだなぁ~という印象を持ってしまいます。
解散の前日になりますか、安倍総理の再登板を待望していた政治評論家の三宅久之さんが静かにお亡くなりになりました。トイレに立ったところで、倒れられ、そのまま息を引き取ったと報じられています。安倍総裁の首相指名を見れないままに旅立たれたことは、安倍晋三応援団を自認していた三宅さんとしては残念だったでしょう。ご冥福をお祈り申し上げたいと思います。
さて、中国の新体制が決まりました。
政治局常務委員の7人の平均年齢は63.8歳となりました。68歳が定年の中国首脳部、習近平と李克強以外の5人は、1期5年で退任となります。江沢民色の強い7人となりましたが、政治局の25人を見ると、決して胡錦濤派の敗北とは言い切れないようではあります。
しかしながら、発表の記者会見で、旧来通り、全く質問を受け付けないという姿は、中国は変わらないという印象を内外に与えました。
1週間分以上を、一本にまとめることは難しいです。。。
時間を見つけて、、、また書きます。

|

« あーーーあ。選挙が終わってしまいました!今日から何をしたらよいのだろう!?そうだ!仕事しなきゃ! | トップページ | 裁判所は違憲と判断し、選挙を無効と判断できるか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あーーーあ。選挙が終わってしまいました!今日から何をしたらよいのだろう!?そうだ!仕事しなきゃ! | トップページ | 裁判所は違憲と判断し、選挙を無効と判断できるか? »