« 「財政の崖」に落ちずに済んだオバマ大統領!株式市場は308ドルの値上がりで歓迎! | トップページ | オバマ大統領の二期目が静かに始まりました。。。 »

2013年1月13日 (日)

スタインブレイナーの粋な計らい

先日、失意のうちに引退を表明した元ジャイアンツ、ヤンキースの松井秀喜選手に、YankeesのOwnerのひとり、ハル・スタインブレイナーが「松井に1日契約をオファーして、最後はヤンキースの一員として引退させてやりたい」と申し出たそうです。

TheMainichiの記事(英文)

松井が受けたかどうかは、この記事からは見えませんが、親のジョージ・スタインブレイナーがとてもするとは思えない温かみのある措置に、松井がNoというとは思えず、松井の最後のチームはYankeesということになるのではないでしょうか。

引退した選手を招待して始球式というのは、よくYankeesがやる光景ですが、松井も始球式に呼ばれるそうです。血も涙もない感じだった親のジョージに比べて、ハルはかなり柔らかい対応ですね。

|

« 「財政の崖」に落ちずに済んだオバマ大統領!株式市場は308ドルの値上がりで歓迎! | トップページ | オバマ大統領の二期目が静かに始まりました。。。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「財政の崖」に落ちずに済んだオバマ大統領!株式市場は308ドルの値上がりで歓迎! | トップページ | オバマ大統領の二期目が静かに始まりました。。。 »