« World Baseball Classic!! | トップページ | 山本-侍ジャパンは失敗だった??? »

2013年3月11日 (月)

警戒地域の解除へ。。。福島の復興の一歩になるのか?

警戒地域、帰還困難区域を除く、比較的高濃度の放射能汚染地域ですが、大変なねずみの大繁殖で糞と死骸だらけになっているということです。TBSのDIGを聴いておりましたら、月曜日の担当、カンニング竹山と外山恵里アナウンサーが、福島に入って、一日現地を見た上で、福島の系列放送局からの放送だったようです。

5年帰れないといまのところ言われている帰還困難区域を除いて、警戒区域は、日中8時から午後4時まで、毎日家に帰れるように、4月1日までになるようです。放射線量を計るバッジを身につけて、許容量をモニターしながらになりますから、決して自由に帰れるわけではありませんし、家で寝ることもできません。
浪江町の馬場町長がDIGに来ていましたが、これから社会インフラの回復を計ることがやっと始まるわけで、あと5年?は、元通りに帰宅して、住むことができるようになることは、難しいのではないか?ということです。
阪神大震災と比較すると、やはり、原発事故の深い影が、東日本大震災に関しては、差し込んでいます。
何重にも安全装置があるという原発の安全神話が崩れた中で、「安全が確認された原発から再稼働する」という決断を、福島の事故の原因がどこにあるか?地震そのもので重要な配管が既に破断していたのではという疑念が拭えない中で、その確認も今後10年も20年もできない中で、経済合理性だけから原発を再開していいんでしょうか?
アベノミクスで株が上がって、景気がなんとなく上向きで、TPPに参加して、、、支持率70%、、、原発の問題は2の次3の次で本当に良いのですか?新しいTypeの原発はより安全?だったら、福島と同じ型の旧式の原発はすぐ廃炉という方向性が出てしかるべきではないですか?あー、なんとなく、無関心で、なんとなく、物事が進んでしまうんですね。日本という国では。。。。

|

« World Baseball Classic!! | トップページ | 山本-侍ジャパンは失敗だった??? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

安全は大好きだ。神話も好きだ。安全神話作りは得意で、すぐに信じられる。広めるのもたやすい。
我が国の国策 (まつりごと) は、安全神話と深く関係しているに違いない。
だが、最悪のシナリオを想定するのはひどく難しい。
これは、平和ボケのようなものか。

太平洋戦争初期に、フィリピンの米比軍はキング少将もジョーンズ少将も投降して、75000人以上の将兵の命を救った。
太平洋戦争後期に、日本軍は米空軍の飛来をゆるし、1945年3月10日未明、東京の下町の江東地区がB29約300機による空襲をうけ、死者10万をこす被害を出した。
日本人の指導者には、作戦の成否を予測する力はないのか。
人命の尊重はどのように考えられていたのであろうか。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/

投稿: noga | 2013年3月12日 (火) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« World Baseball Classic!! | トップページ | 山本-侍ジャパンは失敗だった??? »