« 忘れていました。そうだ、ブログがあったんだ! | トップページ | Super Saturday!の登場! »

2013年12月15日 (日)

Slowdownする日本経済?消費税引き上げが心配ではないですか?

7-9月期のGDPの伸びは消費税の引き上げを決めた4-6月期に比べてかなり落ち込んだそうですね。年率換算で1%を切った!?特に消費からくるGDPの伸びは01%にまで減ったとのこと。。。。これで、3%の消費税アップで、確実に3%弱、個人消費をベースにするGDPの伸びは、マイナス2-3%ということになることが予想されるのではないでしょうか?単純計算過ぎる???いえ、それがそうでもないらしいのです。

個人消費の伸びが0.1%の伸びに落ち込んだ背景には、80円から103円まで進んだ円安に因って、輸入物価が上昇したせいです。給料が上がらないなか、食品から高級輸入時計まで、輸入原料の値上がりに多くの食品が値上げの圧力にさらされ、アベノミクスの成功の象徴のように「売れていた」高級輸入時計も売れたのは旧価格で放出された在庫分プラスアルファ。。。すっかり値上がりして、売れ行きはパッタリと止まっているそうです。

明らかな経済のSlowdown。「世界に向けての公約だから!」「一度決めたものをやめるには法律の改正が必要だ!」と、消費税引上げ派の自民党議員は言いますが、特定秘密保護法を強引に通した「やる気」さえ出せば、十分に時間があると思うのは私だけでしょうか?

「失われた」20年を30年にするのは、すべての商品を一律に同時に値上げして(と同等の効力を持つ)、経済の活力をそぐ、消費税であるというということになんで気が付かないのでしょうか?確かにアメリカももっとも高い州では8%台という州があります。NY州もCityの消費税などがある地域もあり、NY Cityで買い物をすると食料品以外は概ね8.875%の税がかかります。しかし、この税額になるのに、5%からポンと3%上がったということはなく、1%とか、0.5%とか、0.125%とか、、、決して景気の足を引っ張らないように気を使いながら税率を上げてきたのです。大雑把な引上げ方を見ていると、消費者がどう行動するか?という視点がまったく欠けているように思えてなりません。あるべき消費税が10%なら10%、20%なら20%と決めたら、毎年、1%上昇になるように3か月ごとに0.25%ずつ上げてごらんなさい。。。誰も上がることを気にしなくなりますよ。。。。

|

« 忘れていました。そうだ、ブログがあったんだ! | トップページ | Super Saturday!の登場! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 忘れていました。そうだ、ブログがあったんだ! | トップページ | Super Saturday!の登場! »