« ほらみろ、中国! | トップページ | Enjoy "A Long Vacation" Forever! »

2014年1月 3日 (金)

新春の気分は一日だけ

大晦日は街中Partyという感じで、私の住む、大都市近郊の田舎町にも花火が上がったりしていましたし、NYCのTimes Squareには、100万を超える人々が大変の大盛り上がりの様子をABCが生中継しておりました。新年と同時に去った年にはなむけの歌をささげるかのように「蛍の光」。しかし、それもすぐに「New York, New York」に取って代わられて居ました。

明けて元旦。元日は静かに時が過ぎて、2日からほぼどこの会社も商店も学校も政府も役所も全部普通に仕事が始まりました。郵便も普通に届いています。
私は日本人ですからということで、毎朝、おせちとお雑煮を食べて居りますが、周りを見回すと新年という区切りの気持ちがうすいこと甚だしいです。
ということで、もし、年が改まったら、「ちゃら」になるとばかりに、年末に駆け込みで靖国に参拝を安倍さんが狙ってしていたら、、、残念ながら、オバマも国務省の小役人どももアメリカ大使館の人間もそうは考えないでしょうね。まあ、アメリカは本当に怒っているということはないと思いますが、「Disappointed(失望)」くらいは言うでしょうし、言いたいでしょうね。
さて、3日の東海岸は昨夜からの雪で、バージニア州から北の東海岸も10センチから30センチくらい積もったようです。ワシントンDCでは、10センチ、NYCでは、18センチ。JFK国際空港も9時半まで閉鎖だったそうです。
ということで、子供たちはまた雪で臨時休校。あくまでも「臨時」休校ですので、お正月とは何の関係もありません。でも、3連休となって、近所の子供も雪だるまを作って遊んだりもしていますが、外の気温はマイナス9度。我が家の犬も散歩したがらない寒さです。。。

|

« ほらみろ、中国! | トップページ | Enjoy "A Long Vacation" Forever! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ほらみろ、中国! | トップページ | Enjoy "A Long Vacation" Forever! »